個別指導塾についての情報が満載です!

知りたい!個別指導塾

個別指導塾の契約書のチェックポイント

個別指導塾の契約書のチェックポイント 個別指導塾に通っている途中や退塾する時に、塾側とトラブルが起きないようにするためには、契約時にしっかりと契約書の内容を確認しておき、納得したうえで申し込むことが大切になってきます。
チェックポイントとしては、サービス内容や料金はもちろんのことクーリングオフ制度や、中途解約する時の事項も確かめておくようにしましょう。
入会金や月会費、年会費は勿論のこと教材の購入に必要な費用や、イベント参加費など金銭面に関してはトラブルが発生しやすいので、しっかり目を通しておき必要となるトータル費用が納得できるのか確かめておく必要があります。
通常の授業はもちろんのこと、それ以外の補習制度があるかや、三者面談を始めとしたサポート体制が充実しているのかも重視しておくべきです。
個別指導塾と一口に言っても数多く存在しており、それぞれ契約内容には違いがあるので気になる塾を見つけたら、まずは相談して契約書の内容をチェックするようにしましょう。

個別指導塾でも面談が実施されていることが多い

個別指導塾でも面談が実施されていることが多い 個別指導塾でも面談が実施されていることが多いと言えます。
講師と生徒が勉強のスケジュールを立てるために行うようなものだけではなく、保護者を含んで実施されることが多いと知っておきましょう。
このときには、講師から話を聞くだけではなく、保護者が講師に様々な内容を質問することができます。
子供の塾における様子はもちろんですが、勉強の成果や模試の結果、志望校のことなど、勉強や受験に関するあらゆることを聞くことができるはずです。
目標を達成するために自宅でできることを尋ねたり、現在志望している学校に合格できそうかどうか尋ねたりすることもできます。
個別指導塾に通っていたとしても、勉強の成果が分からない、勉強や受験の相談ができなければ不安を感じるはずです。
個別指導塾でも定期的に面談の機会が設けられていることが一般的ですが、塾選びの際には念のためにきちんと機会が用意されているかチェックしておくことをおすすめします。